バリアフリー

権利擁護事業トップ 条例づくりについて 法律・介助制度について バリアフリー

私たち障害当事者が地域で生活するためには、
バリアフリーは欠かせません。

特に、バスや鉄道などといった公共交通機関の
バリアフリー化は障害当事者にとっても大変重要なことです。

そこで、私たちは公共交通機関のバリアフリーを調査し、
その結果を要望書にまとめ、バスや電車の企業との交渉を行っています。

またファストフード店や飲食店、デパートなどの店舗、
生活道路などのバリアフリー調査も随時行っています。
障害があってもなくても、
住み心地のいい西宮市を目指して様々な建物や交通機関のバリアフリー化に
向けた運動に取り組んでいます。


これまでの活動

2012年
10月26日 関西国際空港LCCターミナルを視察&交渉しました。
7月31日 居酒屋万塚口店・今津本店のバリアフリーの改善点をチェックしました。
7月9日  居酒屋万今津本店のバリアフリーチェックをしました。
6月25日 居酒屋万塚口店のバリアフリーチェックをしました。
2月27日 (LCC)ピーチ・アビエーションと予約・搭乗等について
      交渉しました。
1月31日 阪急バスと交渉しました。 
1月6日  国道43号線久寿川西側の歩道が改善されました。
2011年
9月13日 鳴尾浜臨海公園入口ポールの改善について交渉しました。
5月19日 阪急西宮北口駅西側地下ポールの改善について交渉しました。
1月3日・2月22日 阪急西宮駅のポール設置についての改善交渉をしました
2010年 
10月20日 阪神電鉄と交渉しました。
9月22日 阪神バスと交渉しました。
2009年 
8月27日 阪急バスと交渉しました。