権利擁護事業 
権利擁護トップ 条例づくりについて 法律・介助制度について バリアフリーについて

条例づくりについて

今、全国の都道府県で障害者差別禁止条例をつくる取り組みが活発に行われています。
国際的には「障害者権利条約」が採択され、日本でも障害者差別解消法が先日4月1日に施行されました。。
そして地方では、自分たちの地域に合った障害者差別禁止条例を当事者の手でつくろうという運動が全国各地で展開されています。
障害者権利条約は、あらゆる分野での障害者の権利を保障するものです。私たちは、その条約の理念を地域で実現するために障害者差別禁止条例をつくるための運動に参加しています。



兵庫県でも、HIL(兵庫県自立生活センター協議会)と障問連(障害者問題を考える兵庫県連絡会議)が中心となって条例づくりを進めています。
メインストリーム協会もHILの一員としてこの条例づくりに携わり、2ヶ月に一度、定例会を開き、今後の活動について話し合いをもっています。



また勉強会を開いて他府県の条例づくりに携わる方々を招いて、活動についての講演を聞いたり、差別や人権についてのワークショップを開いています。