パキスタン 
 
               
                 
 ライフCIL
設立まで… 
2001年ダスキンアジア障害者リーダー研修で来日していたシャフィックことシャフィック・ウル・ラフマン氏は
メインストリーム協会に研修にやってきました。最初はあまり興味のなかったシャフィックですが、
帰国するころには、ぜひ自分の国で自立生活センターを立ち上げたいと思うようになりました。
そして、帰国後パキスタンで自立生活センター設立イベントとして障害者セミナーを開くということで、
日本から廉田他数名でセミナーに参加することになりました。
その後、ダスキンアジア障害者リーダー研修5期生のアクマルことムハマド・アクマル氏や、
独自の研修として、アシム、アティフ、ファラックらが来日し、メインストリーム協会で研修を行いました。
 
年表 
 
2003年 3月  パキスタン障害者セミナー(訪問)
2004年 2月  パキスタン障害者セミナー(訪問)
9月  (訪問)
2005年 12月  「パキスタン北部大地震報告会」西宮市で開催
2006年 11月  介助者養成講座(訪問)
※ニーハムCIL、イスラマバードCILにも訪問
事務所 
 
メンバー